La Vie en rose

漫画ス/キ/ッ/プ/ビ/ー/トへの愛を綴る二次小説ブログです。多分に同人要素を含みますので、苦手な方や嫌いな方、また、同人という言葉をご存知ない方は、お入りにならないように願います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

wild gentleman(3)

こちらはス/キ/ッ/プ/ビ/ー/トの二次小説です。
嫌悪感を抱かれる方、苦手~って方、二次って何? な方は回れ右でお願い致します。
ス/キ/ビ/スキーさんだけお入り下さいませ。

そんでもって、クオン過去とか、原作設定とか面倒臭い事はスルーで明るく・楽しくやってきます(←
お得意の思考放棄)

な・の・でっ!!出来れば蓮キョなら何でも良いわ~、バッチコォ~~~~~イな方だけお読み頂きたく存じます。

※1、たまにサラッとネタバレワードが出たりします(出来る限り入れないようにします)
※2、原作蓮しか受け付けない方は、読まない方がいいかも?

ではでは、どうぞ


この3話まで、2011年8月作成なんで、も、パラレルとしてレッツラゴ~
wild gentleman(3)


真っ赤な顔で『住み込み』という言葉を絞り出した純情乙女に、蓮は頬を緩めた。

「うん。だから、断られるかなぁ、って、思ってた……。」

申し訳なさそうな口調とは裏腹に、とうとう嬉しさに堪えきれなくなった蓮は微笑んだ。




「…………それよりも、」
「……はい? 何でしょう?」

緩んだ頬を誤魔化す様にふと視線をずらし、蓮がキョーコの脇に置いてあったバッグを指差す。

「その荷物って、……何?」

指が指し示す点線の先を追い掛けて、キョーコの視線も移動する。

「このバッグ……ですか?」

フローリングの床にペトリと座り込み、バッグを引っ張りキョーコが中を漁ると、次々と出て来たのは本。B4サイズの大きめのものからA5サイズの様な比較的小さなもの、分厚いものや薄めのもの、タイトルも『基礎スポーツ栄養学』などとお堅そうなものから、『部活っ子の為のお弁当』といった軽いものまで、14~15冊の本だった。

「私、料理が不得意な訳ではありませんが、何しろ、アスリートやプロスポーツ選手といった方々がどういった食事管理をされているのか存じておりませんので、こういったものを参考にしようと思いまして……。」

どう考えても、長期滞在用の荷物に加えるにしては、少々では過ぎない重量の本達に、蓮は頭を抱えた。

「そんな重そうなのをどうやって…………。……やっぱり迎えに行けば良かった……。それに、そんな本格的に栄養学を勉強しなくても、最上さんが作る普段の料理は、味もバランスも量も最高だよ?」

はぁっっっ、大きく吐いた溜め息に、キョーコはブンブンッ、と凄い勢いで首を振った。

「い……いえいえ、そんな……っ!!お迎えに来て頂くなど畏れ多い…………。他の荷物は少なかったですし、……それに、…………何より敦賀さんのお役に立てると思ったら、……そんなに大変じゃなかったです、……よ?」

(……っ!!だからその顔は反則だからっ!!!!)

チラッと伺い見るキョーコが強烈に可憐で愛らしくて、思わず視線を逸らし、蓮は口元を手で覆い隠した。




「……ったく、君は俺を喜ばせるのが本当に巧いよ……。」
「……ふぇっ? 何か仰いましたか、敦賀さん?」

ポソリとした呟きを捉えた地獄耳乙女に向かって頭を振って、蓮は立ち上がった。

ペトリと床に座ったキョーコを正面に膝を折ると、頭を下げる。

「また君の手を煩わせてしまいますが、どうぞこれからしばらく宜しく。」

わざわざ視線を合わせて、穏やかに、誠実そうに告げた大先輩に、キョーコも深々と頭を下げた。

「不束でございますが、私、不肖最上キョーコ、出来る限りご協力させて頂きます。」

綺麗に両手を付いて、そう挨拶の口上を述べたキョーコが頭をあげると、蓮はあらぬ方へ視線を向けていた。

(…………何か、俺のところにお嫁入りしたみたいだな……、とか思ったら、…………一瞬理性が飛びそうになったじゃないか……っ!!……しっかりしろよ、俺!!)

そんな心中など知る由もなく、キョーコは可愛く小首を傾げた。










不束者ではございますが、って、今の時代も言うのかしら?(←真蘭は言ってないのよね)
キョコのお嫁入りが書きたくて、これ始めたんです。…………数年前に…………orz
あともう一つ、蓮様のシーンでやりたいことが(* ̄ー ̄)ニヤニヤ
スポンサーサイト
  1. 2017/03/26(日) 00:00:00|
  2. 中編
  3. | コメント:0
<<リンクのお知らせ | ホーム | wild gentleman(2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。