La Vie en rose

漫画ス/キ/ッ/プ/ビ/ー/トへの愛を綴る二次小説ブログです。多分に同人要素を含みますので、苦手な方や嫌いな方、また、同人という言葉をご存知ない方は、お入りにならないように願います。

男の事情(後)

こちらはス/キ/ッ/プ/ビ/ー/トの二次小説です。
嫌悪感を抱かれる方、苦手~って方、二次って何? な方は回れ右でお願い致します。
ス/キ/ビ/スキーさんだけお入り下さいませ。

今回は思いっ切り下らなく(特に後編は)、更に言えば、真蘭の性格を如実に表した、とにかくお下劣な作品となります。大した描写ではないですが、オリキャラも出ます。

出来る事なら、何でもバッチコ~~イな大人なお姉様だけお入りになる事をオススメします。

裏とかじゃないんですっ!!只、只、品性下劣な妄想なんです。キョコも出ないし、イチャラブもありませんっ!!男性キャラの下ネタ会話です。
良いですか? 何でも大丈夫って方だけですよ?
ではでは、どうぞ……。



男の事情(後)


蓮が退出した控室には、今だ蓮のオーラに当てられ、ボーッとする若手俳優二人と、京子からの連絡だと言った蓮への、微かな嫉妬と若干の切なさを抱えた光。そしてこの部屋の主である貴島が残った。




「何から何まで格好良いっスねぇ……。世の中にはあんなヒトが存在するんスねぇ……。」
「確かに……すっげー格好良かった……。」
「石橋さんは事務所同じっスよねぇ? いつもあんなんっスか?」
突然問われた光が溜め息を吐きながら口を開く。
「……あんなん……なんだよ。セクションが違うから滅多に会わないけど、ホントに自分と同じ人間なのかと思うよねぇ……。」
「何だ・何だ!!シケた面するなよなぁ!!敦賀君みたいな良い男にテクなんて聞いたって無駄だぞっ!!若い頃はガンガン攻めあるのみっ!!落とすテクなんて教えて貰うモンじゃないっ!!攻めて、攻めて、押し倒すっ!!これ基本!!」
蓮の存在に圧倒されてしまった若者3人に激を飛ばすのは貴島である。
「押し倒して、マグナム使えばどんな女だってイチコロだろうがっ!!」
「えっ!!貴島さんってマグナムなんスか!?」
「マジですかっ!?ヤベェ……俺せいぜいトカレフかも……。」
「貴島さんっ!!下ネタじゃないですかっ!!」
年の割に童顔で純情な光は顔を赤くする。
「トカレフ結構!!それなら舌も指もあるだろうっ!!そっちのテクを磨けっ!!」
貴島が自信を持って後輩へとアドバイスする。
「あ!!お…俺ヤベェくらい早いんスけどっ!!」
「ヤル前に1回か2回トイレで抜いときゃ保つだろ!?」
赤い顔の光を余所に、果てしなく下らない会話が続いていく。ひとしきり盛り上がった所で、若手俳優の一人が疑問を口にした。

「やっぱりあのヒトって、アレも凄いんスかねぇ?」
「アレ? テクの方?」
貴島が問い掛ける。
「確かにテクも凄そうっスけど違うっス。マグナムの話っス。」
「あ!!俺のツレで、俳優やってんのがいるんですけど、そいつが局のトイレであのヒトの見たって言ってましたよ!!」
もう一人の若手俳優が口を開く。
「そいつとサウナ行った事があんですけど、そいつも標準より大分デカいんです!!そいつがぶっ倒れそうになったって!!なげーし、ぶってーし、あんなん初めて見たっつってました!!!!」
「「「えっ!!!!!!!」」」
一同は声を無くした。




(あの顔と、あの肉体美の上にバズーカ砲……………。京子は大変そうだなぁ……。)~貴島~

(そ…そ…そんな……やっぱり俺みたいな背が低くてアレも普通じゃ駄目なのか……。だから、京子ちゃんは……。)~光~

(そんなスゲェのがこの世に存在すんのか!!??そりゃ抱かれたい男No.1な訳だ……。)~若手俳優その一~

(俺のツレだって相当だったぞ!?超一流俳優はブツも超一流だったのか!?)~若手俳優その二~

一同は深い溜め息を吐くと、誰ともなくハハハと力無く渇いた笑いを発し、無言のまま、コーヒーを啜った。そして、スタッフが呼びに来るその時まで、控室を沈黙が支配したのであった。勿論、収録再開したスタジオで、蓮と顔を会わせた4人の視線が、先ず何処へ向かったのかは、言うまでもないだろう。










いや……、ギャグ……ですよ? これでも当初の予定よりだいぶ上品に仕上がっております(←えっ!?)。予定ではこれの2倍は下品でした。
男性にとってはこか……あ・いやいや、沽券に関わる大問題らしいです。勿論、フニャ○ンの状態だからこそ、男性陣が驚愕した……という会話です。
流石に後半の馬鹿話に蓮を加える事が出来なかったorz 最初の予定では、馬鹿話に加わってたのですが……。著しくイメージが……。
そして私は♀です。チビ猿二匹を産み落とした♀です。男性に囲まれた環境で生きて来たからねぇ。ほぼこんな会話、リアルで聞いた事あります。
因みに苦情は受け付けません。下らないって…………言ったモンっ!!
スポンサーサイト
  1. 2010/09/16(木) 14:01:00|
  2. 短編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<お返事です。 | ホーム | 男の事情(前)>>

コメント

文章

真蘭さーん!後編up出来てないみたいです~(>_<)
  1. 2010/09/16(木) 14:08:17 |
  2. URL |
  3. 煉夏 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinrannojikomanzoku.blog133.fc2.com/tb.php/117-89020bd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)